株式会社I.D.Works

暮らしのハレとケ。
お家の床の間のように
それぞれの”特別”を見いだすヒントになりますように。

梅雨のお楽しみ

植物

雨が降りそうで降らないじめじめとした天気が続いていますが、道端には紫陽花が至る所に咲き、元気をくれます。

 

紫陽花は日本が原産の美しい花。

海外に渡り、品種改良が重ねられ今では3000種を超えると言われています。

 

1輪で飾っても様になる紫陽花は、お部屋の中に取り入れやすく、飾りやすいお花でもあります。

お部屋にぐっと季節感が訪れ、憂鬱な気分を癒してくれます。

 

きちんとした水切りをしないとしおれてしまうのが早い紫陽花。そんな紫陽花の花を長持ちさせる方法に、茎の切り口を焼くという方法があります。

切り口を焼くことで、菌の繁殖を防ぎ、吸い上げた水を浄化させる効果があります。

 

【あじさいの茎を焼く方法】
①花や葉を保護するため、茎を10cmほど出した状態で新聞紙を巻く。
②あじさいを横向きにかかえて、茎の根元2~3cmの範囲をガスコンロの火で直接焼く。
③真っ黒になるまで焼けたら、新聞紙をつけたまま、すぐに茎を水につける。
④2~3時間後、新聞紙を取る。

 

「焼くのは少し難しいな」という方は、茎を斜めに切って、中の白い綿を取り出すという方法もあります。

 

切り花がすぐしおれてしまうのは、水を吸う力が弱いためですが、茎の中の白い綿が水を吸うのを邪魔しているので、これを除いてやることで水を吸いやすくなります。

 

みんさんも紫陽花をお部屋の中でも楽しんでみてくださいね。

contactお問い合わせ

お住まいに関するお悩み・ご相談、I.D.Worksへの質問等
どんな事でもお気軽にお問い合わせください

  • tel:083-29-3960[受付] 9:00〜18:00 
    [定休日] 水曜日 / 祝日
  • contact form