株式会社I.D.Works

暮らしのハレとケ。
お家の床の間のように
それぞれの”特別”を見いだすヒントになりますように。

気まぐれOPEN ID食堂≪薬味たっぷり!手延べそうめん≫

食べること

■嬉しい夏の便り

 

あっという間に1年の半分が過ぎ、真夏目前となりました。

 

今年は梅雨明けが遅れたり、台風に見舞われたりと、7月半ばになっても何かと落ち着かない毎日です。

 

 

 

そんなさなか、先日届いた贈り物から気になる品目が…!

それは「島の白糸」と書かれた小豆島の手延べそうめん。

 

 

小豆島はオリーブ園や醤油が有名ですが、日本を代表する3大そうめん産地にもなっています。

 

これは皆で味わおう!と早速そうめんランチを計画することに。

 

 

そして丁度そのタイミングで頂いた、夏野菜の茄子。

こちらも一緒に調理して頂くことにしました。

 

 

 

 

 

・今日の献立・

◇島の白糸 手延べそうめん(太麺)
◇茄子の揚げびたし
◇梅の塩むすび

 

 

 

 

 

 

■手軽で美味しい夏の食卓

 

 

まずは洗った白米を炊飯器へ。

あつあつのごはんにお塩をほんのりふって、夏バテ対策の梅干しでシンプルに。

 

簡単だけど懐かしい、ふっくらおむすびの完成です。

 

 

 

次は茄子の揚げびたし。

昆布と出汁のつゆにめんつゆを加えて火にかけ、味を調えます。

 

 

 

 

茄子は大きめの輪切りに。

たっぷりのごま油で焦げ目がつくまで焼いていき、

 

 

 

 

焼きあがったら、そのままつゆに浸し味を染みこませながら粗熱をとります。

 

 

 

 

 

その間、薬味用の茗荷は小口切りに、大葉と玉ねぎは千切りにし、水気をとります。

 

 

 

 

 

つゆでひたひたになった茄子の上に、茗荷と大葉、玉ねぎ、それに白ごまをお好みで。

 

薬味のシャキッとした歯ごたえが涼しげで、食欲がなくても不思議と食べ進められる逸品です。

 

 

 

 

 

最後はお昼休みがはじまる直前、おまちかねのそうめん作業。

 

たっぷりのお水を沸かして、麺を茹でていきます。

ふつふつと湧き上がる鍋を時折混ぜつつ、待つこと15分。

 

 

 

 

 

手早くザルにうつして、冷水でしっかりしめ、器に盛ればできあがり!

 

 

 

 

 

 

旬の茄子をはじめ、茗荷や大葉も堪能する素麺のお献立は、きっと誰もが経験している日本の夏の食卓風景。

 

 

 

そしてつるもちの太麺を陰でひきたてる、薬味のさわやかな風味。

この良さは大人になってから、しっくり味わえるようになった気がします。

 

梅雨のむしむししたお天気を横目に、さわやかな食事を楽しみました。

contactお問い合わせ

お住まいに関するお悩み・ご相談、I.D.Worksへの質問等
どんな事でもお気軽にお問い合わせください

  • tel:083-29-3960[受付] 9:00〜18:00 
    [定休日] 水曜日 / 祝日
  • contact form