株式会社I.D.Works

暮らしのハレとケ。
お家の床の間のように
それぞれの”特別”を見いだすヒントになりますように。

おいしい本の、おいしい食卓 1冊目〈こまったさんのハンバーグ〉

カルチャー
小説や絵本に登場する美味しそうな料理。
豊かな描写がされていて、どんな味がするのかな?お腹が空いてくる!と思うことは
きっと誰しもが1度は経験しているのではないでしょうか。
写真がないからこそ、想像が膨らんで、幸せにつつまれる本の中のお料理。
この連載では、スタッフが選ぶ”美味しい”本とそれにまつわるエピソード、
そして本の言葉や挿絵を辿って再現した食卓をご紹介します。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

●『こまったさんのハンバーグ』

 

寺村輝夫:作、岡本颯子:絵 / あかね書房

 

〈あらすじ〉
みんなが大好きなハンバーグ。
ちょっぴりおっちょこちょいで、あわてんぼうのこまったさんが作るすてきなハンバーグって?

 

 

 

 

【材料】
□ハンバーグ(ステーキ・バラ・カーチュー)
・牛豚合い挽き肉   ・玉ねぎ
・たまご       ・食パン
・ミルク       ・塩、こしょう
・キャベツ

 

 

たまねぎは こまかく みじんぎり
バターで いためて しんなり させて
しょくパン はんぶん ミルクに ひたし
たまごを 一こ ポンと入れ
しおと こしょうは おこのみ しだい
よくまぜ よくこね もみ もみ ペタリ

 

こげめが ついたら ひっくりかえし
あとは トロ火で じんわり ジクジク
(どうぶつたちのうた)

 

 

 

 

◀食パンを半分、ミルクに浸します。
どうぶつたちのうたの通り、パン粉ではなく食パンを。

 

 

 

 

◀玉ねぎをバターで炒める。
いい香り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□ハンバーガー(とくせいハンバーガー)
・焦げを削り取ったハンバーグ   ・マスタード
・丸パン             ・お好みでレタス

 

 

つぎのあさは、とくせいのハンバーガーと、コーヒー。
それにめだまやき……。

くろこげハンバーグの、こげをけずりとって、
マスタードをたっぷりぬって、ごまかしたハンバーガーでした。

 

 

 

・・・・・

 

 

 

小学生の頃、友達のお誕生日会で知ったこまったさんの童話シリーズ。

 

それから学校の図書室で探しだし、きらきらと秘密めいた空想の世界に魅せられてしまったことをよく覚えています。

 

 

おしゃれにも興味を抱き始めたお年頃。

こまったさんが着ている、可愛くてキュートなファッションに憧れたり、
明日の晩御飯はこれ作って!と母にせがんだり、レシピ部分の語感を気に入って勝手にメロディーを作って歌ったりなんてしていました。

 

 

 

そんなこまったさんシリーズの再現料理に選んだのは、3作目にあたる「こまったさんのハンバーグ」です。

 

 

ひょんなことから普段とは少し変わった町並みに迷いこんでしまったこまったさん。

そこで出会った動物たちの手から、美味しいひと皿が魔法のように生み出されます。

 

 

物語の中盤にでてくる印象的な言葉があるのですが、それは「ステーキ・バラ・カーチュー」(なぜこの言葉なのかについては、読んでみて下さいね)。

 

読み返すまですっかり忘れていましたが、そうそう!この言葉!と嬉しくなってしまいました。

 

 

記憶って不思議なものですね。

ささいなことが鍵になって、あの頃の思い出箱がパカッと開くんです。

 

 

こんなお食事会がしたいと夢見て、ステーキ・バラ・カーチューを唱えて歌っていた6歳の私。

あれから数十年も経つと、また感じ方も変わって新鮮で面白いなと思います。

 

 

 

◀おまけに。
ソースはオリジナルで作ってみました。
余った肉汁に、ケチャップ、とんかつソース、お酒を少々。

 

 

contactお問い合わせ

お住まいに関するお悩み・ご相談、I.D.Worksへの質問等
どんな事でもお気軽にお問い合わせください

  • tel:083-29-3960[受付] 9:00〜18:00 
    [定休日] 水曜日 / 祝日
  • contact form