株式会社I.D.Works

inspection住宅診断・管理

インスペクションとは?

第三者的な立場で行われる「家の健康診断」です。

I.D.Worksは「既存住宅状況調査」で決められている調査項目に対応することができ、その結果で判明した建物の状況に応じて的確なご提案をいたします。
また、リノベーションやリフォームでは解体してから家の良否が判明し、修繕費の見直しが必要になるケースがあります。解体前の段階でシロアリや雨漏りなどの専門業者による調査も行い、可能な限り現状を把握することで解体着手前の対策・努力ができ、見通しの立てやすい計画へとつながります。

既存住宅状況調査とは

「既存住宅状況調査技術者資格者証」という資格をもつホームインスペクターが、目視による家の検査を行うことを指します。

このような心配事やお悩みをお持ちではありませんか?

  • 中古住宅を購入してリノベーションすることを
    検討しているが、建物の状態が自分では判断できない
  • 中古住宅を売却したいが、引き渡し後のトラブルを避けたい

インスペクションには
こんなメリットがあります

今後の計画がスムーズになる
今持っている中古物件の状況が分かり、修繕計画がしやすくなります。
そのため、その後の突発的な出費を可能な限り抑えることが出来ます。
診断済の中古物件として
提示できる
診断済物件という「付加価値」をつけることで、建物自体の安心と信頼につながります。
また、買主にとっては購入を決断する判断材料になります。
売買後のトラブル防止に
お引渡し後、暮らしはじめてから判明する売買間の責任問題は、解決しにくいものです。事前に提示・共有することでお互いに納得した取引が成立します。
既存住宅瑕疵保証保険を
利用できる
既存住宅瑕疵保証保険は、買主・売主どちらも利用でき、税制優遇を利用するための耐震性を証明する書類として活用できます。特に住宅ローンを利用した中古物件購入を検討している方には、安心でお得な制度です。

インスペクションの調査では、こんなことが分かります

外回りの状態

基礎・外壁・屋根・軒裏などにひび割れや腐食、塗料劣化、またサッシにすき間や破断などがないか、見た目や手触りなどで判断していきます。

室内の状態

室内の柱や壁、床などに傾斜がないか、カビや水シミ・剥がれなどの欠損がないかを、検査器具を使ってチェックします。
構造耐力上主要な部分を中心に調査します。

床下の状態

畳や床下収納の下の状態を確認します。土台や床材そのものの強度だけでなく、接合部分に浮きや腐食がないか、シロアリに侵食されていないかなどを確認します。検査のために床を解体することはありません。

小屋裏・天井裏の状態

住宅の構造材となる大切な梁や小屋組みなどの状態をチェックします。特に雨漏りや虫食いがないかなど、中古物件だからこそ気になる箇所を確認します。

設備の状態

キッチン・お風呂・洗面台などの給排水周りや換気扇などの室内設備を、交換の必要性があるか見ていきます。

※より細かなチェックを希望される場合はご相談ください。

contactお問い合わせ

お住まいに関するお悩み・ご相談、I.D.Worksへの質問等
どんな事でもお気軽にお問い合わせください

  • tel:083-29-3960[受付] 9:00〜18:00 
    [定休日] 水曜日 / 祝日
  • contact form