下関リノベーション・まちづくり視察

先週は北九州にあるTOTOの工場とミュージアムの見学へ行き、午後にはその足で下関へ。

 

会いに行った先は1級建築士事務所の金剛住機株式会社 + yutorio desighさんです。

リノベーションを通してまちづくりにも取り組む木村さんにお話を伺ってきました。

 

割烹旅館だった建物をリノベし、

ゲストハウスとして再び、旅人と町の人が出会う場にしたUZU HOUSE。

 

壁には全国各地のお店のPOPがたくさん貼ってありました。

 

 

旅館を改修したTUR8食堂と、耳鼻咽喉医院を再生させたmimi hana cafe、

パチンコ店を改装したKARASTA.にも案内して頂きました。

 

 

仕事のこと、下関のまちのこと、そして長門湯本温泉での取組みのこと。

手がけた物件を案内してもらいながら、様々なことをお話して頂けました。

 

昭和の面影が残る小路や元遊郭街、市内で初めて建てられたビルなど、

下関のディープなスポットにも寄り道しつつ、

夜は木村さんが設計デザインをしたcucinA Agoo BamBinoで食事会でした。

 

 

 

建築の構造だけでなく、なにかが生まれる場を創る。

様々な人と関わって、良い意味で人を巻き込みながら、一緒に創っていく。

木村さんの建物にはどこか、遊び心のような無邪気さを感じられました。

 

 

まちの景観を守るため、地域によっては

既定の高さを越える建築物を新たに建てることが条例で認められないこと。

その一方で、町の移り変わりを見守ってきた

歴史ある建物や価値ある建築物が、

老朽化や耐震性のなさという理由で取り壊されつつあること。

 

そんな中で、木村さんの

「町の風景を残すことで、記憶が守られる / リノベーションが、過去と未来の時間を繋ぎとめてくれる」

というお話が強く心に残りました。

 

在るものを活かし、蘇らせるリノベーション。

新築をクラシックとするならリノベーションは即興ジャズ、という言葉選びも素敵です。

 

木村さん、貴重なお時間をありがとうございました。

下関リノベーション・まちづくり視察

日本一の賞を頂きました

「お客様にとっての”いい住まい、いい暮らし”をいかに実現しているか」を競うLIXILメンバーズコンテスト2017。

 

本日2月8日、横浜にて公開審査が行われ、弊社マネージャーの川端が設計した「庭とつながるくらし/ウチとソトが交差する家」が新築部門の大賞を受賞し、日本一に輝きました!

今年の応募総数は過去最多で、山口エリアの受賞は初の快挙だそうです。

 

事務所では、スタッフみんなで固唾をのみ、中継発表を見守っていました。

ホッとした気持ちと感極まる気持ちが入り混じって、とにかく喜びいっぱいです…!

 

 

お施主様に寄り添い、理想の暮らしをカタチにさせて頂いたお住まい。

弊社をパートナーとして選んで下さり、こうして家づくりのお手伝いができたことを心からありがたく感じております。

お施主さまをはじめ、携わって頂いた関係者の皆様に深く感謝申し上げます。

 

今回の受賞を励みに、これからもお客様にとって心地の良い家づくりを続けてまいります。

どうか末永くI.D.Worksをよろしくお願いいたします。

日本一の賞を頂きました

杉工場から、プロダクトが届きました!

林業が盛んな福岡県うきは市。

その地で古くから木製家具を作り続けている杉工場さんのプロダクトを取り扱いさせて頂けることになりました。

杉工場さんの創業は明治19年。

箪笥などの木製家具から始まり、次第に生徒用机・椅子、跳び箱などの学校用具を手がけ、古くから高い評価と信頼を得ていらっしゃいます。

学習机のシリーズでご存知の方もいるかもしれません。

 

永く使える作りとデザイン、そして環境や人にもやさしいモノづくり。

国内生産にこだわり続けた家具は、どこまでもなめらかでうっとりするさわり心地です。

 

 

先日届いたのはコンパクトな「oritatami chair」。

 

国産のナラ材を無塗装で仕上げ、座面も贅沢な作りの生地になっています。

 

 

ぜひ座って、触って、試して頂ければ嬉しいです。

 

「oritatami chair」は、tokonomaにて詳しくご紹介させて頂きます。

 

株式会社 杉工場
http://www.sugikouba.com/

 

杉工場から、プロダクトが届きました!

社長直々の…

氷点下の気温が続きますね。

山口市も連日雪が降り続け、早朝は道も山も真っ白。

眺める分には綺麗で良いのですが、出勤したり現場へ向かったりするのにもひと苦労です。

皆様も外出の際はどうぞお気を付けくださいね。

 

 

今日は先日のできごとから。

事務所の作業デスクが賑やかだったので、覗いてみると…

社長が大工仕事をしている真っ最中。

作っていたのは、ナラの木製板とアイアンのオーダーフレームを組み合わせた立て看板です。

お客さまから、「もっと気軽にお店へ訪ねてもらいたい。どんなことをしているのかが分かりやすいPRツールが欲しいんです。」との依頼を頂き、コーディネーターが考案・設計しました。

 

ルーター彫刻が施された板とアイアンを繋ぎ合わせるビス止め。

要となる大事な工程です。

 

 

力の匙加減が難しいのですが、サクサク仕上げていく社長。

そして見守るスタッフ。ドキドキしますね。

 

 

最後につなぎ目を確認して…完成です!

 

 

社長、お疲れさまでした。ありがとうございます!

 

 

さっそく事務所の入り口に飾ってみました。

素朴なナラとシャープなアイアンの組み合わせが良い感じです。

会社用にもひとつ作りたくなってしまいました。

社長直々の…

おかげさまです。

弊社 株式会社I.D.Worksは、おかげさまで設立4周年となりました。

今年もこうして、この日を迎えることができましたのは、ひとえに皆様方の頼もしいご支援の賜物と、深く感謝し、厚くお礼申し上げます。

これからも、弊社らしい住・商空間づくりに励み、皆様から必要とされる企業を目指してまいります。
そして、社員一同、日々精進し、皆さまのご愛顧にお応えしていく所存でございますので、変わらぬご支援とご協力を頂けますよう、お願い申し上げます。

平成30年1月
株式会社I.D.Works
代表取締役 田丸 亮

おかげさまです。

2018年 仕事始め

新年あけましておめでとうございます。

仕事始めの5日は、津和野町の太皷谷稲成神社へ恒例のお参りに行ってきました。

今年はレストラン事業部のイルセコンドスタッフも一緒です。

津和野へ向かう道中は曇り/雪だったのですが、拝殿での祈願が終わると晴れ間が見え、気持ちのいい天気になりました。

 

お昼は神社のふもとにあるお蕎麦屋さんでお蕎麦とお稲荷を頂き、山口市へ戻って社内ミーティング。

 


今後の方針を確認しながら、ひとりひとりが2018年の目標を発表し合いました。

 

 

今年は弊社にとって節目となる年です。

暮らしを楽しみ、暮らしを創る。

お客様にとって心地よい空間をご提供できるよう、関係業者様にとっても心地のいい現場を監理していけるよう昨年以上に励んでまいります。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2018年 仕事始め

今年も1年 誠にありがとうございました

今日は朝からスタッフ全員で大掃除をして、事務所がすっきり綺麗になりました。

お飾りも届き、新たな年を迎える準備も整いました。

 

お客様をはじめ、関係業者の皆様、今年も大変お世話になりました。

ありがとうございました。

 

本日をもちまして仕事納めとさせて頂きます。

誠に勝手ではございますが、弊社は12月29日(金)~1月4日(木)を年末年始休業とさせて頂きます。

 

 

最後に、いつもブログをご覧頂き誠にありがとうございました。

来年も皆さまに楽しんで頂けるよう、日々のことをお伝えしてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

新年も皆様にとって、幸多き年でありますように。

良いお年をお迎え下さいませ。

今年も1年 誠にありがとうございました

クリスマスの棟上げ

仕事納めが目前に迫り、事務所内も少し慌ただしさを増してきたクリスマス。

事務所では、増築スペースの建て方工事がひっそりと進んでいました。

「建て方」とは、土台・柱・梁を施工していき、棟上げまでの工程のことです。

 

現場監理はIDアーキデザイン部の新人スタッフ佐古さん。

ウルトラマンセブン像に見守られながらてきぱきと木材を運び、ひとりで黙々と作業を進めています。

 

サポートに入った一柳部長との息の合った作業で、増築部分の輪郭が見えてきました。

壁にあわせ、寸分違わぬ施工。さすがです。

 

普段は冗談を言ったり社内のムードメーカーな部長ですが、現場となると職人の顔つきに。

 

この後も建物のてっぺんまで無事に組みあげ、棟上げが完了しました!

 

そして今日の夕方には、ここまで形になりました。

今までは設計図という紙の中で進んでいた計画が、こうして一気に形になっていく様子は、いつ見ても新鮮でダイナミックで、つい見入ってしまう光景です。

 

この後は屋根工事や内部造作など徐々に仕上げに向かっていくので、より慎重に進めていく期間になります。

今後の進展もまたお伝えしていきますので、どうぞお楽しみに。

 

クリスマスの棟上げ

1年の締めくくり

師走の1ヶ月も折り返し地点。

あと2週間ほどで2017年も終わりを迎えます。

 

先日は、日頃お世話になっている関係会社・業者さまを招いた忘年会を開かせて頂きました。

 

お越し下さった皆さま、誠にありがとうございました。

これからも何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

2017年は、レストランプロデュースというまちづくりへの試みや、新体制によるスタッフの増員など、挑戦と変化の1年でした。

 

そして来年は、弊社にとって節目となる年。

今以上に質と精度を高めつつ、より一層気持ちを引き締めて家づくり・まちづくりに励んでまいりたいと思います。

 

新年もどうぞよろしくお願い致します。

1年の締めくくり

新店舗のお引渡し

県民なら誰もが太鼓判を押すお茶菓子 生外郎。

手がける菓子処が多々ある中でも、山口駅前に本店を構える「本多屋懐古庵」さまは長年愛されている名店です。

この度、創業100周年を機にオープンする本多屋懐古庵 下関店の設計・施工に携わらせて頂き、昨日お引渡しが完了しました。

やわらかな色合いが心地いい和モダンの設え。

お茶処やぐらでは畳に腰掛けてホッと安らげます。

エントランスには暖簾もかけられ、いよいよ本支度!といった雰囲気です。

 

 

お店の中心に飾る作品も届き、職人さんが丁寧に施工して下さったおかげで無事に設置完了です。

 

宮沢賢治の世界観を感じさせるあたたかな版画は、山口市の版画作家 保手浜孝さんの作品。

ふくろうと松で“福を待つ”という意味が込められていて、これからたくさんの福が招かれ集まる空間になるはずです。

 

ここを訪ねれば、嬉しいできごとに出会えるように思えてなりませんでした。

ぜひ足を運ばれてみてくださいね。

——

本多屋 懐古庵 下関店
場所/ JR下関駅ビル ripie1F
日時/12/18(月) AM10:00 OPEN

新店舗のお引渡し