気まぐれOPEN ID食堂 ≪ 男メシごはん!焼きそばとそば飯 ≫

食べること

2018.11.24

■ご当地ソースを頂きました

皆さんは毛利醸造株式会社さんのカープソースをご存知ですか。

 

先日お客様から頂いたこのソース、山口ではあまり馴染みがないかもしれませんが、広島県民にとっては知る人ぞ知る逸品です。

 

 

ピリッとスパイシーな深いコク。甘味料は使わず、純粋な粗糖のみ。

フルーツや野菜の旨味が凝縮していて、癖になる味わい。

 

中国山地の天然水を使って、昔ながらの醸造方法で丹精込めて作っているこだわりのソースです。

 

 

そんなご当地調味料を楽しむべく、今回は男性スタッフオンリーでオープンするID食堂。

 

さてさて、どんなお料理になるのか楽しみです!

 

 

 

今日の献立

◇焼きそば
◇そば飯
◇おしるこ

 

 

 

■がっつり豪快!男の料理メシ

キャベツ、玉ねぎ、人参、ピーマン、豚肉をそれぞれ食べやすい大きさにカットしたら、早速炒めていきましょう。

 

 

お肉はご近所の商店街にある「お肉のどうもん松本」さんのホルモン。

安心安全な完全国産肉にこだわり、オーナーさん自ら買付けをしていらっしゃる精肉店です。

 

つやつやのホルモン。染み出す脂も輝いてみえます!

 

 

炒まってきたら、麺をほぐしながらいれ、具材とあわせていきます。

味付けは、塩コショウとカープソースのみ。

 

 

分量なんてございません。盛り付けも豪快に行きましょう。

 

 

そしてこちらはそば飯。

 

炊き立てご飯と麺を半分の割合で投入し、パラパラになるまで炒めます。

職人のような眼差しとヘラ捌き…!貫禄漂います。

 

 

カープソースの香りがキッチンに立ち込め、お腹の空いたスタッフがソワソワしだす頃。

 

大盛の焼きそばとそば飯が完成しました!

 

 

 

■食後は、ホッと温まるおしるこで

 

しょっぱい献立のあとには、やっぱり甘いもの。

 

今回のおやつは、心身をあたためるおしるこです。

 

白玉粉を練って丸め、お団子状に。沸騰したお湯に落とし、サッと湯がきます。

 

 

取り出した白玉を氷水で冷ませば、モチモチ白玉のできあがり。

 

 

 

最後に、予め温めていた小豆汁に馴染ませて、塩と砂糖で味を調えて。

美味しい甘味の完成です。

 

 

今でこそ、お正月や小腹を満たすおやつとして親しまれているおしるこですが、その起源はなんと江戸時代。

 

当初は甘いものではなく、塩味で調味されていて、お酒のつまみとして出されていたんだそうです。

 

今とは全く正反対の食べ物だなんて驚きですが、長い月日を経てもこうして愛され続けているお汁粉って面白いですね。

 

 

 

できたての料理を食卓に運んで、今日も皆で頂きました。

 

テーブルにホットプレートがあると、それだけでホームパーティのようになりますね。

 

人気だったのは、ホルモン入りの焼きそば。

ピリ辛濃厚なカープソースとの相性が抜群で、お箸が止まりませんでした。

 

 

豪快な男料理のランチも楽しいなぁと思った昼下がり。

 

次回はどんなランチタイムになるのでしょう。