気まぐれOPEN ID食堂 ≪ハレの日のおぜんざい≫

食べること

2019.01.17

2019年になりましたね、あけましておめでとうございます。

新しい年を迎え、気持ち新たに、、!と、想いは日々満たんです。

 

 

ID食堂は今年も「楽しくて美味しい社食」になるよう、相変わらず気まぐれにオープンしていきますので、どうぞよしなにお願いいたします。

 

 

そして新年1回目の社食は、おやつタイムの献立です。

 

ランチではない番外編からのスタートですが、どうぞごゆるりとお付き合いくださいませ。

 

 

 

今日の献立(おやつ)

◇おぜんざい
◇塩昆布

 

 

 

 

■鏡開きを迎えて


年末年始にかけて、歳神様の依り代となっていた鏡餅。

 

そのお力を頂こうと、今年はおぜんざいで食べることに。

 

 

 

 

一口サイズに開いた鏡餅は、ほんのり焼き目を付けて。

 

煮汁は、小豆をお水に浸した状態から茹でていきます。

沸騰したら灰汁をとるため、一旦すべてのお湯を捨てましょう。

 

灰汁が気になる場合はこれを何度か繰り返します。

 

そして再び水を入れ、灰汁を取除きながら弱火で1時間ほど煮ていきます。

 

 

 

小豆が指で潰せるほど柔らかくなってきたら、お砂糖とお塩を9:1くらいの割合で入れて完成です。

 

今回の工夫は、砂糖を上白糖ではなくキビ砂糖にしたこと。

甘ったるくならず、優しさを感じられるのでおすすめです。

 

 

 

箸休めにはおぜんざいの甘さをひきたてる塩昆布を添えました。

 

 

 

 

■健康で豊かな年になるように

 

おぜんざいは、漢字で書くと「善哉(ぜんざい)」となるそうです。

 

調べてみると諸説でてきましたが、仏教のお経にでてくる言葉で、”素晴らしい”や”その通りだ”という意味の「善き哉(よきかな)」が由来ですよ、というお話がお正月らしくていいなぁと思いました。

 

新年に温かいおやつ”善き哉”を頂く時間。
とても縁起が良さそうですよね。

 

 

おまけに。

小豆が苦手なスタッフは、砂糖醤油で頂きました。

 

歳神様のお力にあやかり、善き1年になりますように。