土用の丑の日

カルチャー

2017.07.11

今年は、7月25日(火曜日)と8月6日(日曜日)が土用の丑の日だそうです。

 

 

うなぎは食べても、実はあんまり知らない土用のおはなしをすこし。

うなぎを食す風習は平賀源内さんが仕掛けた販売戦略だったようですが
現在まで変わらず戦略が効いていることがすごいと思います。
ただ、うなぎが可愛そうなので、ほかの『う』のつく食べ物に切り替わっていけば環境省レッドリストから外される日が来くるのかも。

 

 

本題ですが、土用は春夏秋冬にあります。
今年の土用は
冬土用:1月17日~2月3日
春土用:4月17日~5月4日
夏土用:7月19日~8月6日
秋土用:10月20日~11月6日
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を差します。

 

この期間について、
『土を掘り起こしてはいけない。』
と言われています。

 

それはなぜか?と言うと土用の期間は、
土を司る土公神(どくしん・どくじん)という神様が
支配する期間とされていたため、
土を動かしたり、穴を掘ってはいけないとされてきました。
要は土の神様が怒ってしまうらしいのです。

現在でも、土を触る工事の場合は土用に入る前に着工したり、
工程をずらして土用の期間をはずす方が多いようです。
(中には気になさらない方もいらっしゃいます。)

ただ、土用期間中に間日というものが設けられています。
間日とは土公神が天上に行き、地上にいなくなるとされている日で
作業をしても良い日のことです。

 

 

冬土用の間日:寅・卯・巳の日
※2017年は1月18日・27日・28日・30日
春土用の間日:巳・午・酉の日
※2017年は4月24日・25日・28日
夏土用の間日:卯・辰・申の日
※2017年は7月20日・27日・28日、8月1日
秋土用の間日:未・酉・亥の日
※2017年は10月23日・25日・27日、11月4日・6日

 

 

 

日本の四季に関わる風習や神様などのお話はかなり奥が深く面白いですね♪