大分研修

建築を学ぶ社員研修旅。

今年は大分県由布市にある湯布院温泉へ伺ってきました。

 

初日には、旅の目的のひとつであるCOMICO ART MUSEUMへ。

 

設計は隈研吾氏、ロゴ・サインデザインは原研哉氏が手がけた小さな現代美術館です。

 

 

和の素材にこだわり、自然と調和するよう計画された建築と、ロゴ・サインのミニマルな造形。

 

文化的な立ち位置だけではなく、その土地に寄り添った温かみを感じる施設でした。

 

 

 

夜は金鱗湖傍に佇む離れ宿 亀の井別荘へ。

実業家の別荘として大正10年に建てられたそうで、秋色に染まった庭木も見事です。

 

 

別荘内は、月日とともに飴色に変わっていったであろう梁や建具などが美しく、各部屋を巡って素材やしつらいの工夫を学ばせて頂きました。

 

 

 

和洋それぞれに造りが違っていましたが、どの部屋も庭の景観を活かしてあり、上質な時間が流れていました。

 

 

 

秋晴れが広がった2日目は、日々のリフレッシュとしてグループごとに自由行動する1日に。

 

 

ゴルフや登山、陶芸、街歩きなど、湯布院の自然と街をたっぷり満喫しました。

 

 

 

2日間、お休みを頂きましてありがとうございました。

これからまた気持ちを切り替えて、しっかりと業務に励みたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

大分研修