住まいのお医者さん

家を建てた後も、お施主様の暮らしをサポートするアフターサービス。

 

いつまでも安全で心地よく、豊かに暮らしてほしいという気持ちから、弊社では半年/1年/2年/5年/10年と計5回の定期点検を実施させて頂いています。

 

もちろん、その間やその後でも、状況に応じて都度ご対応しております。

 

 

先日工務スタッフに同行し、新築住宅の1年点検へと伺ってきましたので、その様子をご紹介したいと思います。

 

お邪魔させて頂いたのは、雑貨マルシェ巡りが趣味の奥様が各地で見つけてきた雑貨で飾られたお住まい。

 

 

収納上手な空間で、趣味を満喫しながら素敵に暮らされています。

 

 

愛犬の豆柴・れんぱちゃんがのびのび暮らせる工夫もあちこちに見受けられ、ほっこりしました。

 

 

 

ご挨拶を済ませたら、早速点検スタートです!

30項目の点検リストをベースに、隅々までチェックしていきます。

 

 

外回りは、エコキュートの貯湯ユニットから水漏れはないか、雨水枡や外壁に異変はないかなど、目で見て、きちんと触って確かめます。

 

 

室内はサッシの開閉や水回りの点検、また床下や配管状況も確認していきます。

 

 

お手洗いにて発見した、扉のビスのゆるみ。その場で直せるものはすぐに手直しを。

 

 

(工務スタッフの車内には、こんなにもたくさんの工具が常備されているんです!)

工事の内容によっては有料になる場合もありますが、部品の取り換えなど発注手配が必要なケースは後日お伺いをすることもあります。

 

 

 

一通りチェックが終わったあとは、その場でお施主様へ報告を。

気がかりなこと、困っていることだけでなく、お客様がどのように暮らされているのかも伺うことができ、大切にしている時間です。

 

・・・

 

お引渡しは、暮らしを紡いでいくスタートの日。

 

道具と同じように、家もお手入れを重ねていくことでより愛着のもてる空間になっていくものです。

「建付けが悪くなった」「棚や壁を壊してしまったり、傷がついてしまった」など、長く暮らすほどに、不具合が発生することは避けられません。

 

だからこそ建てた後のメンテナンスや点検を大切に、かかりつけのお医者さんへ相談するように頼りにして頂ければ嬉しいなと、そんな風に思います。

 

住まいのお医者さん