暮らしの “あかり” を考える。

 

山口市円政寺町のひわだやさんが開かれた

「自然光×リネン 暗がり×2wのあかり」に参加してきました。

 

 

会場は築60年の古民家。

あちこちにリネンや灯りがコーディネートされ、
陽が落ちる夕方から夜にかけて、時間の経過を感じながらの講座です。

 

 

「自然光×リネン」では、リネンを専門に仕立ている

「ECRU HOME」の柏尾さんがその魅力を教えてくださいました。

 

 

リネンそのもののお話から、カーテンとしての取り入れ方・魅せ方まで。

経年変化していく風合いや質感、朝・昼・夜と光によって変わる表情の豊かさ。
和空間との相性の良さにも驚きました。

 

機能面だけではない、少しの手間を楽しむことへの心地よさを改めて実感しました。

 

 

 

その後は、照明士・プロダクトデザイナー

「Feel Lab」弦間さんのインスタレーションを体感。

 

今でこそ、全てを照らすような明るい家が一般的とされていますが、

かつては自然の光と小さな灯りで暮らしていた日本人。

 

それをふまえて、2wという灯りから考える人間の原始的なバイオリズムと、

DNAに刻まれている火への安心感のお話がとても新鮮でした。

 

 

 

美しく照らす照明計画や影を意識したワークショップ作品も見せて頂き、

暗がりと灯りの意義を見つめる時間でした。

 

 

お声がけ下さったひわだやさま、

そして柏尾さん、弦間さん、ありがとうございました。

この学びをお客さまへのご提案にしっかり活かしていきます。

暮らしの “あかり” を考える。